長崎で獲れた、あご・あじ・さば・いわしなどの美味しい干物をお届けします。

お電話のご注文0120-31-5827

〒857-1172 長崎県佐世保市東浜町1050-3
営業時間 8:00〜17:00 日祝休

丸富の焼あご

選ばれるのには訳がある

平素は、当店をご愛顧いただき心より厚く御礼申し上げます。 製造一筋50有余年、「どうしたらお客様に喜んでいただける商品ができるか」を念頭に置き、改良を重ねてたどり着いた独自の味付け、製法で作り上げています。

おいしさの追求

使用する魚は厳選した物だけを使い、丸富は干す網にもこだわります。
干す網は私たちにとってのベッドと同じと考え、できるだけ素材に負担をかけないよう専用の柔らかいベッドに寝かせ、寝返りもさせます。又、室内の温度や風の当たり方を細かく調節し冷風で鮮度を保ちながら芯までしっかりと乾かします。
そうする事で身の乾燥にかたよりがない美しい艶を纏ったあごになります。
この乾燥こそが味付け焼あご製造において最も難しく気の抜けない作業なのです。

あごを干している写真

美しさへのこだわり

丸富はおいしさはもちろん見た目の美しさにもこだわります。長崎県産飛魚の脂が少なく細身で引き締まったフォルムに飴色で艶のある切り口の美しさは息を呑むほど。
よく弊社のあごは他と比べて切り口が綺麗だと言われます。切り口の美しさは鮮度の証なのです。この美しい切り口は機械では決してできません。
ミリ単位の魚の丸みの違いを指先で感じ、最適な角度で包丁を入れる。
これは長年の経験で培ってきた技術の賜物なのです。

焼あごスティック写真

こうした細かな一つ一つの丁寧な手作業が品質を守り、芯までしっかりと乾燥していながらも「硬すぎずに柔らかい」「小骨が口に残らない」丸富のあご製品の根強い人気を支えています。